文字サイズ
メニュー

保険証は大切に

最終更新日
2016年1月29日

国民健康保険の保険証は、国民健康保険の被保険者であることの証明であり、病気やけがなどで医療を受けるときに必要な受診券です。取り扱いには十分気を付けて、大切に保管しましょう。

  • 交付されたら記載内容を確認しましょう。勝手に書き換えたりすると無効になります。
  • いつでも使えるよう、手元に保管しましょう。
  • 有効期限が過ぎた保険証は使えません。村から新しい保険証が交付されます。
  • 資格がなくなったらすぐ村へ返却しましょう。
  • 紛失したり破れたりして使えなくなったときは、村へ届け出ましょう。
  • 被保険者に異動があったときなど、自分で書き直すと無効になります。異動があったときは村へ届け出ましょう。
  • 他人との貸し借りは絶対にしないでください。法律によって罰せられます。


→ 紛失した時の手続きや、異動の手続きなどの方法についてはその他の手続き|国民健康保険のページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ先

関川村 住民福祉課 福祉保険班

〒959-3292 新潟県岩船郡関川村大字下関912番地
E-mail:juminfukushi@vill.sekikawa.niigata.jp
TEL:(0254) 64-1471 / FAX:(0254) 64-0505

サイト内のPDFファイル()を開くにはAdobe社のAcrobat Readerが必要です。左のアイコンから無料で入手できます。

上に戻る