文字サイズ
メニュー

​医療機関での窓口負担割合と限度額(医療費が高くなったとき)

最終更新日
2016年1月29日

一部負担の割合は次のとおりです。
また、1か月に医療機関に支払った一部負担金が限度額を超えたときは、村へ申請すると超えた分が払い戻されます。

(注意)
該当する方には、村からご案内します。
医療機関に受診した内容を把握するのに2~3ヶ月かかります。


窓口負担割合と高額療養費などの自己負担限度額

区分 一部負担
割合
一部負担金限度額(月額) 高額医療・高額介護合算制度の自己負担限度額(年額)
外来
(個人ごと)
外来+入院
(世帯単位)
医療費+介護医療サービス
現役並み所得者 3割 44,400円 80,100円+
(医療費-267,000円)×1%
670,000円
一般の世帯 1割 12,000円 44,400円 560,000円
低所得2 1割 8,000円 24,600円 310,000円
低所得1 1割 8,000円 15,000円 190,000円

窓口負担や給付内容は、老人保健制度と同じ1割負担です。
高額医療費制度や自己負担限度額なども老人保健制度と同様です。
(注意)入院中の食事代は一部負担金限度額の対象外です。


所得区分割合

所得区分 所得条件
現役並み所得者 平成20年8月1日からの基準
(注意)平成20年7月31日までは老人保健制度と同じ基準です。
同じ世帯の後期高齢者医療制度の加入者に、住民税の課税所得が145万円以上の方がいるとき。
ただし、次の該当する方は「一般」の区分になります。※申請が必要
加入者が1人の世帯・・・収入が383万円未満
加入者が2人以上の世帯・・・加入者の収入合計が520万円未満
(課税所得とは、総所得金額から各種所得控除を差し引いた額です。)
一般の世帯 「現役並み所得者」、「低所得者2」、「低所得者1」以外の方
低所得2 世帯全員が住民税非課税で、「低所得者1」以外の方
低所得1 世帯全員が住民税非課税で、その世帯の各所得が必要経費・控除(年金の所得は控除額を80万円で計算)を差し引いたときに0円となる方

このページに関するお問い合わせ先

関川村 住民福祉課 福祉保険班

〒959-3292 新潟県岩船郡関川村大字下関912番地
E-mail:juminfukushi@vill.sekikawa.niigata.jp
TEL:(0254) 64-1471 / FAX:(0254) 64-0505

サイト内のPDFファイル()を開くにはAdobe社のAcrobat Readerが必要です。左のアイコンから無料で入手できます。

上に戻る