文字サイズ
メニュー

東京オリパラ選手村施設へ木材を提供

最終更新日
2020年2月3日

 東京五輪・パラリンピックの選手らの交流施設「選手村ビレッジプラザ」に、新潟県と関川村ほか6市町村が提供した地元産の杉計700本が使われます。
 同プラザは、雑貨店やカフェなどが入り、大会期間中の選手の生活を支えます。
 建設には、全国63自治体が協力。4月に完成する予定です。

サイト内のPDFファイル()を開くにはAdobe社のAcrobat Readerが必要です。左のアイコンから無料で入手できます。

上に戻る