文字サイズ
メニュー

8月3日大雨被害に係るり災証明書について

最終更新日
2022年8月5日

村では8月3日大雨被害の被害状況を認定するり災証明書の発行準備を進めています。

準備が整い次第、広報無線やホームページでお知らせします。


行っていただきたいこと

証明書発行申請のためにカメラやスマートフォンで写真を撮るなど被害状況の記録をお願いします。

その際は、以下の点に留意してください。


(家の外観を撮影する場合)

 ・できる限り4方向から撮影してください

 ・浸水があった場合、シールで印をつけたり指でさし示すなど水が来た高さが分かるように撮影してください。

 ・どのお宅か特定できるように家屋全体を撮影をしてください。できれば表札等も撮影してください。


(家の内観を撮影する場合)

 ・はじめに被災した部屋ごとに全景を撮影してください。

 ・次に被害箇所の全体が分かるように撮影してください。

 ・浸水があった場合、シールで印をつけたり指でさし示すなど水が来た高さが分かるように撮影してください。7


その他ご注意いただくこと

 ・窓や扉が近くにある場合は写真内に収めて撮影いただくと全体の位置関係の把握が行いやすくなります。

 ・被害を受けた部屋、箇所はできる限りすべて撮影してください。

 

住まいが被害を受けたとき 最初にすること.pdf

サイト内のPDFファイル()を開くにはAdobe社のAcrobat Readerが必要です。左のアイコンから無料で入手できます。

上に戻る