文字サイズ
メニュー

渡邉邸で団子の木が飾られました!

最終更新日
2016年2月3日

 渡邉邸では、旧暦の小正月を祝う団子の木が飾られています。紅白の団子の他にも渡邉家の家紋である三ツ星と抱茗荷を模った焼きせんべいや商家の勘定元帳を表す半紙が飾られています。「まめ(健康)に暮らせるように、ゆずり合って生きていくように」という思いから、団子の木と一緒に豆殻とユズリハが茶の間の柱に縛られています。
 団子の木を見ながら、昔の生活を感じてみてはいかがでしょうか。団子の木は、2月中旬まで飾られています。

サイト内のPDFファイル()を開くにはAdobe社のAcrobat Readerが必要です。左のアイコンから無料で入手できます。

上に戻る