文字サイズ
メニュー

幼児教育・保育の無償化について

最終更新日
2019年9月24日

令和元年10月1日より、幼児教育・保育の無償化が始まります

 保育園を利用する3歳児から5歳児、0歳児から2歳児までの住民税非課税世帯の子どもの保育料が無料になります。

幼児教育・保育の無償化の内容

保育園の保育料

・3歳児(3歳になった後の最初の4月以降)から5歳児クラスの子どもの保育料が無料になります。また、0歳児から2歳児クラスまでの住民税非課税世帯の子どもの利用料も無料になります。

・一世帯から2人以上入園している場合は軽減措置があります。

【無償化対象外の費用】 副食費(おかず、おやつ代)

            実費徴収されている費用(通園費、行事費など)

認可外保育施設、一時預かり事業、病児保育、ファミリー・サポート・センター事業

・満3歳児から5歳児の子どもは、月37,000円の上限に利用料が無料になります。

・0歳児から2歳児までの住民税非課税世帯の子どもは、月42,000円を上限に利用料が無料になります。

・無料となるためには、村から「保育の必要性の認定」を事前に受ける必要がありますので、施設等利用給付認定・変更通知書を役場健康福祉課まで提出してください。

【保育の必要性の認定申請】

施設等利用給付認定・変更申請書.pdf

【記載例】施設等利用給付認定・変更申請書.pdf

認定変更届.pdf

就労証明書.doc

【給付申請】

施設等利用費請求書.pdf

【記載例】施設等利用費請求書.pdf

【ファミリー・サポート・センター事業様式】

活動報告書.pdf




副食費(おかず、おやつ代)の実費徴収化について

 今まで保育料に含んで負担していただいていた副食費は無償化対象外なので、保護者負担となります。

・対象者は3歳児から5歳児クラスのすべての子どもで、月4,500円です。年収360万円未満相当世帯と第3子以降の子どもは無料となります。

・口座振替での納付をお願いします。当月分を翌月25日に振替えます。保育料とは別のものなので、「保育園副食費」として口座振替依頼書の提出をしてください。

・0歳から2歳児クラスの子どもの副食費は引き続き保育料に含んで負担していただきます。


このページに関するお問い合わせ先

関川村 健康福祉課 福祉保険班

〒959-3292 新潟県岩船郡関川村大字下関912番地
E-mail:fukushi-hoken@vill.sekikawa.lg.jp
TEL:(0254) 64-1472 / FAX:(0254) 64-0505

サイト内のPDFファイル()を開くにはAdobe社のAcrobat Readerが必要です。左のアイコンから無料で入手できます。

上に戻る