文字サイズ
メニュー

戦没者等のご遺族の皆様へ~第十回特別弔慰金請求を受け付けています~

最終更新日
2017年1月31日

特別弔慰金の趣旨

 戦後70周年に当たり、今日の我が国の平和と繁栄の礎となった戦没者等の尊い犠牲に思いをいたし、国として改めて弔慰の意を表するため、戦没者等のご遺族に特別弔慰金(記名国債)を支給するものです。


支給対象者

戦没者等の死亡当時のご遺族で、平成27年4月1日において公務扶助料や遺族年金等の受給権者がいない場合に、次の順番による先順位のご遺族お1人が対象となります。

(1)平成27年4月1日までに戦傷病者戦没者遺族等援護法による弔慰金の受給権を取得した方

(2)戦没者等の子

(3)戦没者等の①父母②孫③祖父母④兄弟姉妹

※戦没者等と生計関係を有していた方のうち平成27年4月1日において婚姻していたとしても氏が変わっていない方または同日において遺族以外の方と養子縁組をしていない方に限ります。

(4)上記(3)以外の①父母②孫③祖父母④兄弟姉妹

※戦没者と生計関係を有していない方や戦没者等と生計関係を有していたが上記(3)に該当しない方

(5)上記(1)~(4)以外の戦没者等の三親等内の親族

※戦没者の死亡時まで引き続き1年以上の生計関係を有していた方に限ります。


支給内容

額面25万円、5年償還の記名国債


請求期間

平成30年4月2日(月)まで

※請求期間を過ぎると第十回特別弔慰金を受け取ることが出来なくなりますので請求漏れのないよう十分ご注意ください。

※前回の特別弔慰金を受給された方のうち、ご健在の方にご案内の文書を送り受付を行いました。請求手続きがまだお済みでない方は、ご請求ください。
 また、前回受給者が基準日(平成27年4月1日)以前にお亡くなりになられている場合は、支給順位に基づき、他のご遺族の方で受給権がある方に請求権が移行する場合があります(転給遺族)。転給遺族もしくは新規対象者については、前回受給者とは異なり、初めて特別弔慰金を受給される方になりますので、対象者を把握することが困難になっています。ご遺族の方の住所が関川村になくご案内の文書を送ることができない場合もあります。案内文書が届かない場合でも、戦没者のご遺族の方で請求権を確認したい場合は、お問い合わせください。


お問い合わせ・請求窓口

関川村役場住民福祉課住民戸籍班(☎0254-64-1471)

※ご遺族のどなたかがすでに請求を済ませている場合は、改めて請求する必要はありません。


関連情報

・第十回特別弔慰金について(厚生労働省ホームページ)

第十回特別弔慰金リーフレット(PDFファイル)


このページに関するお問い合わせ先

関川村 住民福祉課 住民戸籍班

〒959-3292 新潟県岩船郡関川村大字下関912番地
E-mail:juminfukushi@vill.sekikawa.lg.jp
TEL:(0254) 64-1471 / FAX:(0254) 64-0505

サイト内のPDFファイル()を開くにはAdobe社のAcrobat Readerが必要です。左のアイコンから無料で入手できます。

上に戻る