文字サイズ
メニュー

村税等の徴収猶予制度について

最終更新日
2022年8月8日

対象となる要件

以下1~5の事情に該当する場合申請により村税等の徴収が猶予される場合があります。

 1.財産について災害を受け、または盗難にあったとき。

 2.納税者、またはその者と生計を一にする親族が病気、負傷したとき。

 3.事業を廃止、または休止したとき。

 4.事業について著しい損失を受けた時 ※おおむね前年比50%以上の損失。

 5.法定納期限から1年以上経過した後に、修正申告などにより納付すべき税額等が確定したとき。

猶予期間

 原則1年以内

 (申請者の財産や収支状況に応じて最も早く猶予した村税等を完納できると認められる期間)

 ※猶予を受けた村税等は原則として猶予期間中に各月に分割して納付する必要があります。

 ※猶予期間内に完納できないやむを得ない事情がある場合は税務課へ申請することで猶予期間の延長が認められる場合があります。

 (当初の猶予期間と合わせて最長2年)

手続方法

徴収猶予申請書と添付書類を下記申請窓口へ提出して下さい。

 ・徴収猶予申請書

徴収猶予申請書.xlsx

徴収猶予申請書.pdf

 ・添付書類

 1.財産及び収支状況が分かる書類。

 2.災害などの事実を証する書類。

 3.担保の提供に関する書類。

  ※ 次のいずれかに該当する場合は担保の提供は必要ありません。

   ① 猶予を受ける金額が100万円以下である時。

   ② 猶予を受ける期間が3か月以内であるとき。

   ③ 担保として提供することができる財産(有価証券、不動産)がないなど特別の事情があるとき。

申請窓口

 ・村税(村県民税、固定資産税、国民健康保険税、軽自動税)

  住民税務課 税務班

受付期間

 対象となる要件の1~4に該当する場合

  → 猶予を受けようとする期間よりも前に申請してください。

 対象となる要件の5に該当する場合

  → 法定納期限から1年以上経過後の納付すべき金額が確定した金額の納期限よりも前に申請してください。

その他

 申請による猶予が認められた場合、延滞金の全部または一部が免除されます






このページに関するお問い合わせ先

関川村 住民税務課 税務班

〒959-3292 新潟県岩船郡関川村大字下関912番地
E-mail:zeimu@vill.sekikawa.lg.jp
TEL:(0254) 64-1451 / FAX:(0254) 64-0505

サイト内のPDFファイル()を開くにはAdobe社のAcrobat Readerが必要です。左のアイコンから無料で入手できます。

上に戻る