文字サイズ
メニュー

​農地法による許可申請について(農地の貸借・売買・転用)

最終更新日
2020年12月22日

農地の貸借・売買・転用には、許可が必要です

「自分の土地だから、自由に売ったり、貸したり、転用したりすることができる」

そう思ってる方はいませんか?

農地を売ったり、貸したり、転用したりする時は 「農地法」 に基づく許可が必要です。

農業委員会定例総会

 【定例総会】 農地法の許可申請案件に対する審査を行い、申請の許可等を決定します。

  〇 開催日は、毎月25日を予定しています。

※土日・祝日・行事等で開催日が前後する場合があります。
※正式な開催日については、毎月公示板に掲示します。

 【申請案件の締切】 申請の締切日は、毎月15日 (土曜・日曜・祝日の場合は、その翌日)です。

農地法ってどんな法律?

  耕作者の農地の取得を促進し、その権利を保護すると共に、優良農地を守り、

  農地の効率的な利用を図るために定められている法律が農地法です。


農地法における許可申請手続きについて

  申請目的によって、下記の手続きが必要となりますので、個々のページでご確認ください。

このページに関するお問い合わせ先

関川村農業委員会事務局 (関川村役場 農林課 内)

〒959-3292 新潟県岩船郡関川村大字下関912番地
E-mail:nogyoiinkai@vill.sekikawa.lg.jp
TEL:(0254) 64-1447 / FAX:(0254) 64-0079

サイト内のPDFファイル()を開くにはAdobe社のAcrobat Readerが必要です。左のアイコンから無料で入手できます。

上に戻る