文字サイズ
メニュー

高病原性鳥インフルエンザに関する情報

最終更新日
2016年12月27日

高病原性鳥インフルエンザ発生に係る移動制限区域の解除について

当村で発生した高病原性鳥インフルエンザについて、農場の防疫措置は12月5日午後7時に完了しました

当村における高病原性鳥インフルエンザにかかった鶏及びかかった疑いのある鶏(同居鶏)の殺処分は、12月2日午前0時30分に終了しました

 当村で発生した高病原性鳥インフルエンザが疑われる事例について、新潟県中央家畜保健衛生所の遺伝子検査等の結果、平成28年11月29日午前3時35分に、「H5亜型」の遺伝子が確認されたと連絡がありました。
 新潟県鳥インフルエンザ対策本部では、本病の感染の拡大を防止し、被害を最小限に止めるため、防疫対策(殺処分)を行うことになりました。

住民の皆様へ(鳥インフルエンザの発生について)※ 村上地域振興局および下越家畜保健衛生所より【PDFファイル】

我が国では、これまで家きん卵及び家きん肉を食べることにより、鳥インフルエンザウイルスが人に感染することは報告されていません。


鶏肉・鶏卵の安全性について(食品安全委員会の見解)

これまで、鶏肉や鶏卵を食べることによって、鳥インフルエンザウイルスが人に感染した例は、世界的に報告がありません。鶏肉・鶏卵は「安全」と考えます。

鶏肉・鶏卵の安全性に関する食品安全委員会の考え方【PDFファイル】

鶏肉・鶏卵は、安全のための措置が講じられています。

鶏肉

国産の鶏肉は、食鳥処理場で、通常、約60℃のもとで脱羽され、最終的に次亜塩素酸ナトリウムを含む冷水で洗浄されています。

鶏卵

国産の鶏卵は、卵選別包装施設(GPセンター)で、通常、厚生労働省の定める「衛生管理要領」に基づき、次亜塩素酸ナトリウムなどの殺菌剤で洗卵されています。


関連情報

平成28年12月 4日 第9回関川村高病原性鳥インフルエンザ現地対策本部会議
平成28年12月 4日 第8回関川村高病原性鳥インフルエンザ現地対策本部会議
平成28年12月 3日 第7回関川村高病原性鳥インフルエンザ現地対策本部会議
平成28年12月 2日 第6回関川村高病原性鳥インフルエンザ現地対策本部会議
平成28年12月 1日 第5回関川村高病原性鳥インフルエンザ現地対策本部会議
平成28年11月30日 第4回関川村高病原性鳥インフルエンザ現地対策本部会議
平成28年11月29日 第3回関川村高病原性鳥インフルエンザ現地対策本部会議
平成28年11月28日 第2回関川村高病原性鳥インフルエンザ現地対策本部会議
平成28年11月28日 第1回関川村高病原性鳥インフルエンザ現地対策本部会議


関連リンク(外部)

新潟県防災ポータルサイト(鳥インフルエンザ対応関係)

【食の安全】「にいがた食の安全インフォメーション」(鳥インフルエンザに関する情報ついて)

厚生労働省 鳥インフルエンザに関するQ&A


お問い合わせ

人の健康に関すること

・村上保健所 地域保健課(電話 0254-53-8369)

野鳥に関すること

・村上保健所 衛生環境課(電話 0254-53-8371)

鶏等の家きんに関すること

・下越家畜保健衛生所 防疫課(電話 0254-22-3067)

上記以外に関すること

・村上地域振興局 企画振興部(電話 0254-52-7920)

このページに関するお問い合わせ先

関川村 農林観光課 農林振興班

〒959-3292 新潟県岩船郡関川村大字下関912番地
E-mail:norinkanko@vill.sekikawa.niigata.jp
TEL:(0254)64-1447 / FAX:(0254) 64-0079

サイト内のPDFファイル()を開くにはAdobe社のAcrobat Readerが必要です。左のアイコンから無料で入手できます。

上に戻る